レンタルサーバー
インド映画日記 - インド映画(恋愛)
 

インド映画日記

Bollywood(बॉलीवुड・ボリウッド), Hindi movie!! 21世紀のインド映画。
 


 
■カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
■アクセス世界地図
Locations of visitors to this page

サイトに訪問された方の地域を、世界地図に表示しています(★クリックで拡大)。
■人気ページ・記事
ブログパーツ
■インド映画・ボリウッドニュース
Loading...
■最新記事
■最新コメント
■クリックアンケート
Quickvoter

Q.インド映画を月に何本観てますか?

o本
1~2本
3~5本
6~9本
10本以上


-view results-

by pentacom.jp

■オススメブログ




自サイトバナー
■プロフィール

UFO

Author:UFO
神奈川県在住。いて座O型。
リンクフリーです。
相互リンクをご希望の方は、ご連絡ください。

■FC2カウンター
■リンク
■カテゴリ
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■RSS
■サイト内イラスト提供


■ランキング・リンク集
■QRコード
QRコード


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

『Ugly Aur Pagli』 インドの『猟奇的な彼女』 




  2008年 英語字幕
総合評価
80点

ジャンル: 恋愛、コメディ
監督:サチン・カムラーカル・コート
出演:ランヴィール・ショーレイ、マリカ・シェラワト










韓国でヒットした『猟奇的な彼女』をインドでリメイクした作品。
『猟奇的な彼女』を観ていない私は、新作同様に楽しめました。



『Mithya』のランヴィール・ショーレイが主演。
『Mithya』はそこそこヒットしたのに、彼の人気は作品ともども日本ではさっぱり。
(やはり顔がネックか?)
この作品は『Mithya』よりもはるかに接しやすい。
『猟奇的な彼女』まんまのシーンも多いらしいので、『猟奇的な彼女』を知っている方であれば、つっこみながら楽しめそう。
ちなみにヒロイン役のマリカ・シェラワトは、ジャッキーチェンの映画に出演しています。



クフーがバイクを飛ばして参上したり、薔薇をくわえてカビールが踊ったりと、前半はコメディたっぷり。後半はラブストーリーになってました。
ほろりとさせられる、いい話でしたよ。
(リメイクだから、ストーリーを評価してもしょうがないけどι)





『Ugly Aur Pagli』





サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

『Kaho Naa… Pyaar Hai』 リティック・ローシャンとアミーシャ・パテルのデビュー作 




 2000年 日本語字幕
総合評価
81点

ジャンル:恋愛、アクション
監督: ラーケーシュ・ローシャン
出演:リティック・ローシャン、アミーシャ・パテル












ちょっと古い作品。
リティックとアミーシャ・パテルのデビュー作です。
リティックの父親・映画監督のラケーシュ・ローシャンが、息子のデビューに際し、プロモ代わりに製作したらしい。



単純なラブストーリーと思っていたら、途中からコメディ調になり、さらにアクション&サスペンス風になってました。
海で2人きりでボートで遭難して無人島で仲良くなるシーンには、このべたな展開はどうにかならんのかと言いたくなったが、観ていて楽しかった。
船上のダンスシーンや、ロヒット(リティック・ローシャン)がマギー司郎ばりのタキシードを着て手品を見せるシーンなんかにも、意表をつかれて笑った☆
MTVっぽい作品と評されていたようですが、最近のボリムービーに比べたら。。。






またしてもそっくりさん登場。
『Om Shanti Om』の輪廻転生までふくめると、これで4連続。
1人2役で予算縮小。話も膨らませられるにしても、この設定、インド映画に多すぎ。
ロヒットは中盤で死にますが、その後に登場するラージ君はギターは弾くわ、スキーはやるわ、得意のダンスを披露するわで、なんかもう踊る若大将でした(;´∀`)





『Kaho Naa… Pyaar Hai』日本語字幕(機械翻訳)







サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

『Mujhse Dosti Karoge!』 メル友から三角関係 




 2002年 
字幕プレイヤー(日本語)対応

総合評価
83点
ジャンル:恋愛
監督:クナール・コーリー
出演:リティック・ローシャン、ラーニー・ムケルジー、カリーナ・カプール、ウダイ・チョプラ









メル友から三角関係にストーリーが急転してました。
カリーナ・カプールが演技・ダンスともに熱演。
後半の長~い、ボリメドレー風ダンスに見とれました。




分かりやすいストーリーですが、ラジ&ティナの結婚話が浮上してからおかしなことに。




自分のかわりに、自分と似ても似つかぬ親友(ウダイ・チョプラ)とプージャを結婚させようとするラジって?


うれしそうな親友だったのに、結局プージャにも相手にされてないし(-o-)




作品自体には好感もてました。
お譲さま(なのかは不明だけど)を演じると、カリーナって存在感ありますね。





『Mujhse Dosti Karoge!』



サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

『Salaam Namaste』 オーストラリアでできちゃった婚!? 


Watch my dil goes hmm-salaam namaste in Entertainment Videos  |  View More Free Videos Online at Veoh.com


 2005年 字幕プレイヤー(日本語)対応
総合評価
92点(殿堂入り)
ジャンル:恋愛
監督:シッダールト・アーナンダ
出演:サイフ・アリー・カーン、プリティ・ジンター










(インド映画には数少ない)キスシーンありベッドシーンありの映画。



思いきって書いてしまうと、できちゃった婚に至るまでの男女関係を描いたストーリー――作品内で結婚式をあげていませんが後にあげることは間違いなさそう――で、舞台がインドでなくオーストラリアというところが肝。
婚前交渉にも、結婚前の同棲にもキビしいインドでは、ほとんどありえないでしょう。



・追記 と書きましたが、最近のインドはそうでもないそうです。
    (コメント欄参照)
     教えてくださったABCさんに多謝^^


『TA RA RUM PUM』のシッダールト・アーナンダが監督しています。



「避妊しただろ」

「ちゃんとしたよ!! でも避妊率100%ということはないの」




とニックはとことん最低で、アンビーが切れます。



その後はインド映画にありがちな展開をたどるんですけど。。。(-_- )



(以下、ネタばれ注意)
アビシェク・バッチャンが10分くらい出演しています。
彼の出番は公開時には秘密にされていたようですが、このシーンがかなりいい☆




完成度の高い恋愛コメディでした。





『Salaam Namaste』




サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

『Hum Tum』 漫画チックな恋愛物 




 2004年 字幕プレイヤー(日本語)対応

総合評価
85点(good)
ジャンル:恋愛、コメディ
監督:クナール・コーリー
出演:サイフ・アリー・カーン、ラーニー・ムケルジー、ジミー・シェールギル、リシ・カプール、ラティ・アグニホトリ、キロン・ケール、アビシェク・バッチャン










アムステルダムの街中で歌って踊る能天気な2人。
日本のラブコメ(コミック)や80年代アメリカのハッピーな学園ドラマのような物語。
世界を股にかけた、お嬢さまとナンパ男のラブコメです。



この作品はたぶん、なにも考えずに観るのがベストです(゚∀゚)



今回もアメリカのwiki によると、本作はメグ・ライアン主演のハリウッド映画『恋人たちの予感(When Harry Met Sally,)』に似ているそうです。最近のインド映画はハリウッド作品を元ネタにすることが多いので、深く楽しむには幅広い映画的知識が必要ですね。
ちなみに管理人は『恋人たちの予感』を未見なので、このことについてはコメントできません。



ストーリーは軟派ですが、映画としてのクオリティは高い。
最初のうちは「なんだ、このばかばかしい話は!!」と思いながら観ていたのに、気づいたらハマっていました。
アニメやイラストと実写のマッチングが物語をリズミカルに進行させるため、観ていて飽きません。



前半はコメディ要素が強く、後半は本格恋愛ドラマ風になっています。



作品前半の、ラーニー・ムケルジーの変てこアメリカ風ファッションが面白かった。ヘッドフォンをかぶったパジャマみたいな格好とか、ファッションというよりもはやコスプレの域に達しています。
主演役のサイーフ・アリー・カーンにも注目。
最後まで名演を魅せてくれますが、作品中のこの人のにやけ顔がなぜか日本人を思わせるもので、映画内とは言え、国籍を問わずこの手の男が存在するんだなと妙な納得の仕方をしました。



だまされたと思って観てください。
よい意味で、本当にだまされますよ(;´∀`)






『Hum Tum』




サイト更新のモチベーションになります。 どれか1つにクリックお願いします。

にほんブログ村 映画ブログ アジア映画へ にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。